忍者ブログ
北海道十勝でお出かけ+車+カメラが大好な夫、にぎやかな7歳と3歳の男の子4人で暮らしています。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 職場の給湯室によく共同で使えるタオルが掛かっています。便利だけど、ちょっと抵抗感があるものです。昨年のインフルエンザ騒動のこともありますし、風邪などがはやったときの感染源にもなるかもしれませんしね。そこで自分で手を服喪のを調達している方も多いと思います。私もそのうちの一人です。でも、今度は使い終わった後に、どのように置いておくか・・・が問題になってきました。

そこで・・・

これは何でしょう?





 タオルハンガーなどいろんなところを探しましたが、よいサイズが見つからず、結局作ってしまいました。


 クリーニング店からもらう針金ハンガーを切って、ブックエンドに引っかけるだけです。結構固いので力が必要です。


 ポイントはフックエンドと引っ掛けたタオルがくっつかないように針金を曲げたところです。その場で作ったわけではなかったのですが、ジャストサイズでした。


無印のブックエンドです


 とても使い勝手がいいです。私と同じ、職場の手を拭くタオル、もうちょっとなんとかならないかなあ~とお考えの方がいたら是非。

拍手[0回]

PR
 年齢なのか、少しずつ何か周りに恩返ししたいと思うようになってきました。

 どこかの国の子供を支援しようか、募金するだけでいいのか、夫と何か自分たちが出来ることを、と思って話し合うこともあります。

 だから地下のコンコースにある元気ショップ(心や体に障害を持つ方の作ったものを売るお店)ようなお店を覗くと、何か買うものはないかと極力探すことにしています。今回はこれにしました。


天然だしのパックセットとお弁当用お箸・レターセットです



木目がきれいなんです



この一言がとても光ります



 特にレターセットとお箸には温かなものを感じます。私もうれしいし、お役に立てるなら、とてもうれしいです。

拍手[2回]

 私は手帳ジプシーだとどこかの記事に書いた記憶があります。年末に仕事で使う手帳を物色して、手帳自体は満足して買ったのがこの手帳でした。


ミドリカンパニーのプロフェッショナルダイアリー(スリム)です。



 でも、どうしてもこのビニールのカバーが気に入らなくて、どうにかして変えようと思っていましたから、ネットで革を1ミリ単位で加工して、好きな形を作ってくれるというお店も見つけました。注文してしまおうかなあと思ったときに夫が「革買って、自分で作っちゃえばいいんじゃない?」と言い出しました。まあ、それもいいかなと東急ハンズの革コーナーへ。東京の東急ハンズをイメージしていましたが、一角にあまり選べない色の中から、結局既に持っているトラベラーズのパスポートサイズとほぼ同じ色の革を購入しました。同時にトラベラーズのゴム替えキッドもです。

 実家のお隣のおばさんが昔、革細工をやっていたのを思い出して、ひもを通す穴を開ける道具や木槌・ゴムマット・ハサミを借りて、作業すること30分弱。切って、穴を開けて、ひもを通して縛るだけなんです。


色が薄く写ってしまいました


書きやすい紙質です
スケジュールボックスもたっぷりあります
しおりに革の赤いひもを付けてみました
バンドも赤で合わせました



月間スケジュールの後にはフリーメモとチェックリストがチェックボックス付きで付いています
ペンホルダーはトラベラーズのオプションです


 ほとんどトラベラーズの普通サイズと変わりません。これなら本物を買った方がよかったかも、と思いましたが、好きなスケジュール手帳を入れられたしっくり感が広がります。ミドリカンパニーの手帳に合わせるには既製品では若干寸足らずなのです。


 私の愛読書日経ウーマンのできる女性の手帳を見習って、ガンガン使っていこうと思います。
 

拍手[2回]

 寒くなるとめっきりお出かけすることが少なくなります。昨日の早朝の気温は-16度。鼻の中が凍り付く温度まであと少しのところでした。

 週末、夫は雪かきや木を削る時間を過ごしています。これは先週末の木のトレー3部作。


フリーハンドで木に直接形を書いたため、非常にいびつな形になってしまいました


お豆の形のトレーは万年筆を入れるのにぴったりサイズ


おつまみを入れるくらいの大きさですが・・・


ギモーヴと三日月クッキーです 鹿追rokuのお菓子です


年末は慌ただしい日が続きます


 年末は私にとって鬼門の時期。溶連菌で入院したこともありますし。これからは気を引き締めていかなくては。

拍手[0回]

 寒いにもかかわらず(外は氷点下)、夫が木を削っています。最近、一つ一つの作品を作る時間が短くなってきて、休日にちょこちょこと作れてしまうようです。

 義母のリクエストで作ったペーパーナイフ。先がとても鋭利で、スパッと封筒が開けられそうです。


ウォールナットの生地が美しい


 デザインは「気に入ったものがあったら、メモしておいて」と夫に言われているので、気がついたらスケッチするようにしています。


似たようなデザインも少しずつ違うのです



こうしてできたスナックボウル・バターナイフたちです


 直接デザインを鉛筆で木に書くこともあります。特にスナックボウルなんかはそうです。

 フリマに出そうとして作りためたものが十数本。本当はフリマではない、クラフト展に出せたらいいなあと妻は思います。夫ががんばっているからね~。

拍手[5回]

プロフィール
HN:
gojigoji
性別:
女性
職業:
しゃべること
趣味:
食べる 作る 見る
自己紹介:
 キッチン雑貨や調理器具を見るのが楽しい30代。
 居心地良い暮らしを目指すべく、雑貨や家具をカスタマイズしたりも。


情報収集のパワーになります
↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン






カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター


現在の閲覧者数
ブログ内検索
最新CM
[06/22 niko(嫁)]
[06/21 ozen]
[06/16 mimura]
[05/23 ozen]
[05/21 yukitamanyan]
フリーエリア
バーコード
お天気情報
アクセス解析
診断くんのようなβブログパーツ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』