忍者ブログ
北海道十勝でお出かけ+車+カメラが大好な夫、にぎやかな7歳と3歳の男の子4人で暮らしています。
[375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 朝起きて夫が「たいへ~ん!」と騒いでいます。何かと思ったら、手作り洗剤(清水とリンゴ酢洗剤とエッセンシャルオイル)のスプレーボトルがダイニングテーブルの上に置いてあって、液体がもれていたようです。よって、こんなはっきりした輪染みに・・・。


あまりにも濃い染みなので、深いところまで浸みているのか不安です

 ダイニングテーブルを購入した彩工房湯の里デスクに休日ではありましたが、SOSコールをしました。結局夫の考えとアドバイスをミックスして実験修理することに。

 夫はまずシミの上に水を染みこませると汚れが薄くなるのではないかと思って、水を染みこませる作戦に出ました。


オスモオイルを塗っているので、水を染みこみやすくするため、
紙ヤスリでひっかきはがしています



1日濡れたタオルを上に乗っけておきましたが、同じような染みにはなりません。
汚れも薄くならないようなので、削る作戦に。
乾かしてから紙ヤスリで作業開始です。



240番の紙ヤスリで木の繊維に沿って、
広範囲(シミの大きさの最低3倍の範囲)に荒く削っていきました
湯の里デスクの田代さんのアドバイスです



1時間の作業でここまでになりました
よくよく見るとわかりますが・・・
それからオスモオイルを塗り込んで完成です


 削った跡はオスモを塗り込んでも木が吸ってしまって、周りと同じ表面にはなりません。ここの部分だけあと数回塗り込む必要がありそうです。

 なお、今回はこのように作業をしてたまたま修復できましたが、症状によって修復方法は色々あると思います。現に「そのまま乾かして様子を見る」という方法もあると言われましたから。我が家の場合、削るために乾かした段階で、はっきりクッキリとシミが残っていました。

 作業したのは夫ですが、こういう風にメンテナンスをして家具を育てていくんだなあと思います。やんちゃ達にガンガン物をぶつけられ、汚されてかわいそうなんですが、メンテナンスで差し引きゼロかな~と。これからも頑張れ夫。

ありがとうございました

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
gojigoji
性別:
女性
職業:
しゃべること
趣味:
食べる 作る 見る
自己紹介:
 キッチン雑貨や調理器具を見るのが楽しい30代。
 居心地良い暮らしを目指すべく、雑貨や家具をカスタマイズしたりも。


情報収集のパワーになります
↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン






カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター


現在の閲覧者数
ブログ内検索
最新CM
[06/22 niko(嫁)]
[06/21 ozen]
[06/16 mimura]
[05/23 ozen]
[05/21 yukitamanyan]
フリーエリア
バーコード
お天気情報
アクセス解析
診断くんのようなβブログパーツ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』