忍者ブログ
北海道十勝でお出かけ+車+カメラが大好な夫、にぎやかな7歳と3歳の男の子4人で暮らしています。
[126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [119]  [118]  [117]  [115]  [114
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 お友達から焼いたパンを頂いておいしかったので、焼いてみました。黒糖が入っているブラウンブレッドです。




ブラウンブレッド
強力粉300g・ドライイースト6g・黒糖45g・塩6g・スキムミルク15g・バター21g・水195g

①HBの生地作りで一次発酵までさせます(表面が乾くくらい乾燥していたら、ケースの上にぬれたキッチンペーパーをかけています)。私はクルミを適量入れましたが、HBに一緒に入れるよりは、一次発酵が終わって、ガス抜きをする時一緒に混ぜ合わせた方がクルミの存在感があっておいしいと思います。ガス抜きはやさしく、です。

②二次発酵に約40分。ストーブのそばに置いておけるなら30分と言うところでしょう。2倍にふくれたらOKです。この時に私は生地の上にオーブンペーパー+ぬらしたキッチンペーパーをかけて、乾燥を防ぎます。

③粉を茶こしで振りかけてクープを入れます。

④180℃のオーブンで30分くらい。焼き目を見ながら調節してください。私はトングで両脇を挟んでみて、形を保つくらいの固さに焼き上げました。



 2日経ってもしっとりふわふわです。そのまま食べてもおいしいですが、軽くトーストしてクリームチーズにメイプルシロップをかけると、格別なおいしさです。もちろんお供はミルクティー。

 この時期、乾燥を防ぐことが大切です。電気オーブンは庫内が狭いので余熱は10度くらい上げた方がいいでしょう。ドアを開くと熱した空気が逃げてしまいますから。

 黒糖がレシピの分量の全量がなくて、黒糖と三温糖の半々にしました。それでもふんわり黒糖の味がしますから、かえって黒糖が苦手なに人にはいいかもしれません。もちろん全量黒糖だとコク・コク・コクのある味わいになりますが、口当たりは軽いので、何枚も食べてしまう危険が大です。

 私の今までの課題「きれいなクープを入れる!」は今回もうまくいきませんでした。「クープはパンに垂直に入れるのではなく、表面の皮を剥ぐような感じで切り込みを入れる」と『パン作りの疑問に答える パン「コツ」の科学』(吉野精一 辻製パン技術専門カレッジ)に書かれていたのでそうしたら、開きすぎてしまって・・・。確かに垂直に入れると段差が出来て格好悪いので(実証済み)、この方法で次回からも頑張ってみようと思います。

 因みにクープを入れるのは愛用のブレッドナイフ・ウェンガーです。トマトも焼きたてのパンもどんと来いの頼もしいブレッドナイフです。詳しくはコチラをどうぞ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
gojigoji
性別:
女性
職業:
しゃべること
趣味:
食べる 作る 見る
自己紹介:
 キッチン雑貨や調理器具を見るのが楽しい30代。
 居心地良い暮らしを目指すべく、雑貨や家具をカスタマイズしたりも。


情報収集のパワーになります
↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン






カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター


現在の閲覧者数
ブログ内検索
最新CM
[06/22 niko(嫁)]
[06/21 ozen]
[06/16 mimura]
[05/23 ozen]
[05/21 yukitamanyan]
フリーエリア
バーコード
お天気情報
アクセス解析
診断くんのようなβブログパーツ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』