忍者ブログ
北海道十勝でお出かけ+車+カメラが大好な夫、にぎやかな7歳と3歳の男の子4人で暮らしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 北海道で初めてカレーを作ったとして有名なお店が函館の「五島軒」です。私だけではない道産子も「函館=五島軒」という図式が頭に浮かぶのではないでしょうか。

 いつも沢山の人でいっぱいです。五稜郭タワーに出来た店舗も開店時間まで時間はあるのに、お待ちのお客で並んでいましたよ。私たちも例にもれず、待たなければ食事できないメンバーになってしまったので断念し、お土産だけを購入。

 学生時代に函館旅行したときに買っていった五島軒のクッキーの味が忘れられなくて、探しましたが、記憶もおぼろげなのも手伝ってピンとくるモノがありませんでしたが、2種類のクッキーはお買い上げ。 

 お店の雰囲気もこのクッキーのパッケージも、なんとなく古めかしい匂いがします。


4種類500円 リッチな味でおいしいです



中のパンフレットも「いつの時代のさ?」と思うような雰囲気

 味はハズレはないです、念のため。「カレーも食べたいけど、並ぶような時間がない・・・」と言う方はレトルトパックもありますので、そちらをお土産にでもどうぞ。缶のタイプは1000円しますが、たっぷり食べられます。


 今日は我が2歳児の保育所運動会。6時には花火がなりましたが、ここのところの週末がずっと雨降りで、今日も青空は望めない空模様。ウィークデイも青空の恩恵には全くなく、気分も晴れません。気温も低いのでなんとストーブをつけていますよ~。



拍手[0回]

PR
 美味しいモノを少しずつ食べたい!と旅先でも思います。だから函館を調べている時に屋台村を見つけて、行く気満々になりました。

 その中でも添加物を使わないでフランスの製法で作ったソーセージを食べさせてくれるお店「ラ・ブベット」が良いなと思っていたのです。子ども達の大好きなソーセージ。ここなら子ども達も一生懸命食べて、少しゆっくりできるかも、という思惑もありましたが。

 函館駅から歩いても遠くありません。お寿司屋さん・居酒屋さん・一品料理屋さんなどおもしろいお店が軒を連ねます。
 

夫の好きなヨーロッパのビールも飲めます
専用のグラスに注いで



 全て美味しく頂きましたが、特筆すべきはレバーペーストのなめらかさと臭みのなさ、うま味の濃さです。薄いバゲットに塗って頂きますが、その美味しいこと。今まで食べたことがありません。行かれた方は是非テリーヌの盛り合わせを注文してくださいね。

拍手[0回]

 「テレビですっごくぶ厚いとんかつを出すお店が出てたよ。そのお店が帯広にある。」と夫の情報で土曜日お昼のご飯が決まりました。


こぎれいな店構えです

 注文してしばらく待ちます。最初に出てきたのがカツとじ鍋定食。

カツとじ鍋定食
甘めのだしがきいていておいしい 
4人で1つはあっという間

 今回はカツとじ鍋定食を1つととんかつ定食を1つ注文しています。6歳児も結構食が良くなってきたのですが今回は合わせて2食です。なぜかというと・・・。

ご飯が2段重ねです



これが我逢亭のとんかつです
4㎝弱はあるかという分厚さ

 厚い上に柔らかい!普通のとんかつの倍のボリュームで満足感いっぱい。そして見逃してはいいけないのが、汁物の味わい深いこと。おみそ汁だと思ってすすったら、火傷をしてしまったくらいアツアツだし、お野菜は柔らかいし、おいしいかったです。

 とんかつ定食は1500円、かつとじ鍋定食は1000円。これはお得なお食事ですよ。

とんかつ専門店 我逢亭

拍手[0回]

 新しいお店ではありません。同僚に紹介されて行ってきたトンカツ屋さんです。小上がりが3テーブル、数席のカウンター席ですが、開店と同時に入店した私たち家族が食べ始めようとした頃には、小上がり一席とカウンター席が埋まりました。それも納得のボリュームとお味です。


ヒレ肉定食



チキンカツ定食



ミックスフライ定食 エビとホタテと鮭・ヒレです

 お肉はどれもお箸で切れるほどの柔らかさ。脂っこくなくて、カリッと揚がっています。


見づらいですね・・・
リーズナブルです

 幕別は札内あかしあ町にあります。お隣は偶然私の好きなお店「福田商店」があります。昔飲んで探していた「いづつワイン」がここにあって感激したものです。お米を始め、調味料もこだわりのいろんな種類があります。お腹が満たされたら、是非こちらへもどうぞ。

とんかつのつかさ
0155-56-7068
北海道中川郡幕別町札内あかしや町59

にほんブログ村 料理ブログへ

拍手[1回]

 前から富良野幾寅の「なんぷてい」のカレーが気になっていた夫。峠を越えて行こうかと言うことになりました。ネットで調べてみたら、富良野のお店で「エゾシカカレー」キャンペーン中。その中にかなやま湖にあるログホテル「ラーチ」に進路変更することに。

 帯広方面から来て、道の駅を過ぎるとすぐにかなやま湖ログホテルラーチに行く道が左手にありました。かなやま湖沿いに車を進めて約10分。コテージ郡が見えてきて、ホテルが現れました。こじんまりとした、木の香りいっぱいのプチホテルです。

 レストラン「ル・モンターニュ」は開放感がありながら暖かみのある場所でした。

写真ではなかなか伝わらないのが残念です



海外のスキー場のホテルの雰囲気



エゾジカカレーにはスプーンの袋にイラストが描かれています



ランチセットにはつみれの入ったコンソメスープ



お子様ランチのコーンスープ



にんじんのサラダがおいしい



お子様ランチです



エゾシカカレーです なかなかおいしい



牛のカツレツの上にガーリックが効いたニンジンおろしがのっています 
迫力があるお肉でちょうど良いレアでした 美味美味



お子様ランチのデザート これにオレンジジュースが付きました



ランチに付いた紅茶です ごまプリンもおいしい


 ゆっくりお食事ができたお店でした。そして何よりここの人がいいです。メニューにはなかったフライドポテトを快く提供してくれ、それもリーズナブル。また、食後のお茶の種類を聞くと即答で感激しました。「聞いてきますので、少しお待ち下さい」というよくあるパターンかと思いましたが・・・。調子に乗ってミルクもお願いしましたが、それも笑顔でしたよ。

 そのまま帰ろうと思いましたが、部屋が続く廊下の壁に絵が飾られていましたので鑑賞していた所、「お部屋をご覧になりますか?」と言って頂いたので、図々しく上がり込みました。

 部屋はメゾネットでとても広いです。これならお友達家族と泊まりに行っても、楽しく飲み明かせそうです。声をかけてくれたホテルマンは他のブログで賞賛されていた方だと思いますが、その方に「近いうちに必ず泊まりに来ます」と言ってログホテルラーチを後にしました。

 とてもお得に泊まれるパックがあります。土日祝日関係なく5000円台からです。評判が広まると困るなあと思うのですが、1人でも多くこの雰囲気を味わって欲しくもあります。是非是非、オススメです。

かなやま湖 ログホテル ラーチ

にほんブログ村 料理ブログへ

拍手[1回]

プロフィール
HN:
gojigoji
性別:
女性
職業:
しゃべること
趣味:
食べる 作る 見る
自己紹介:
 キッチン雑貨や調理器具を見るのが楽しい30代。
 居心地良い暮らしを目指すべく、雑貨や家具をカスタマイズしたりも。


情報収集のパワーになります
↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン






カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター


現在の閲覧者数
ブログ内検索
最新CM
[06/22 niko(嫁)]
[06/21 ozen]
[06/16 mimura]
[05/23 ozen]
[05/21 yukitamanyan]
フリーエリア
バーコード
お天気情報
アクセス解析
診断くんのようなβブログパーツ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』