忍者ブログ
北海道十勝でお出かけ+車+カメラが大好な夫、にぎやかな7歳と3歳の男の子4人で暮らしています。
[63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 お土産に頂きました。叶 匠壽庵(読めなかった)の和菓子。聞けば、滋賀県の有名なお菓子屋さんだとか。全国を転勤して回った親戚のお土産なので、期待も高まります。

 「その、羊羹のような”あも”って言うのがおいしいんだよ。」とのオススメ(右の赤い箱)。今、北海道でHOTな話題の消費期限も一番早かったので、早速頂くことに。





 あんこを寒天でゆるく固めたという感じの中に、やわらかい求肥が入っていて、GOODです。甘さは私には少し甘いかなという気がしましたが、夫は「いい感じ」だそうです。甘さの好みも人それぞれだよなあと思ってしまいます。

 「もうちょっとちょうだい。薄いのでいいからさ。」と言われても、求肥がなかなか包丁から離れないので、あまり薄くは切れません。この求肥のねっとり感が何とも言えません。

 甘さがちょうど良い人も、少し甘いと思う人も、5歳児のように甘ければいいという人も、お茶と一緒に召し上がれ。

 ネットを見ると行ってみたくなるような本店。長野の小布施堂みたいな楽しめる場所みたいです。ネットで注文すると3000円以上は送料無料のサービス。北海道の田舎に住んでいると、商品と送料が同じ金額がかかることもあるので、そんなサービスは重要なポイントだし、嬉しいです。また「包装が仰々しい」という祖母の感想でしたが(彼女は本店にも行ったことがある)、包装紙が封筒になるように裏に切取線が印刷されていて、ECOを感じます。早速お礼のお手紙をそれで送りましょう。

叶 匠壽庵

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
gojigoji
性別:
女性
職業:
しゃべること
趣味:
食べる 作る 見る
自己紹介:
 キッチン雑貨や調理器具を見るのが楽しい30代。
 居心地良い暮らしを目指すべく、雑貨や家具をカスタマイズしたりも。


情報収集のパワーになります
↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン






カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター


現在の閲覧者数
ブログ内検索
最新CM
[06/22 niko(嫁)]
[06/21 ozen]
[06/16 mimura]
[05/23 ozen]
[05/21 yukitamanyan]
フリーエリア
バーコード
お天気情報
アクセス解析
診断くんのようなβブログパーツ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』