忍者ブログ
北海道十勝でお出かけ+車+カメラが大好な夫、にぎやかな7歳と3歳の男の子4人で暮らしています。
[258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 月曜日の午後、帯広のホテルで三國清三シェフの試食付き講演会がありました。司会が三國シェフの話を引き出しながら進行して行く形で、題目は「世界の三國と食の安全・安心を考えよう」です。




テーブルには黒豆茶がサーヴ。スープスプーンとパン皿がセットされていました。

 

名付けて「十勝大地の恵みの野菜スープ」だそうです



黒豆のパンとミルクパン
黒豆の味が引き立つパンでした ミルクパンはとてもやわらか


 協賛している十勝の企業が材料を提供して、三國シェフが作ったスープです。札幌のミクニ・サッポロではミクニレストランと言っても三國シェフが調理している訳ではないでしょうから、とても貴重な体験でした。

 お話は三國シェフの生い立ちから、シェフになろうと思ったきっかけなどでした。三國シェフの言葉で「そうだよなあ」と思ったのが、「日本全国、生産者はうちが一番だと思っている。確かに十勝の食材は素晴らしいけれども、それに付加価値を付けることによって更に胸を張って出せる物になる。」ということでした。

 各地のお祭りに行くと「この土地は特産物の売り方が上手だな」とか「これではなかなか売れないよね」と感じます。地方の田舎だと特産物の売り上げが財政を左右するので、なんとしても工夫が必要だと思うのですが。



 みんなで同じ方向を見ながら試食するのは、体のどこに入ったのかわからないような不思議な雰囲気でした。ど真ん中でみんなが試食している間、ずっと居眠りしているおじいさんもいてびっくり。よほど疲れてたんだか・・・。

 いつもいつもこのような講演会があると「し、質問したいけど・・・。」「・・・出来なかった。」状態になり、後悔する私。また今回も、世界の三國とお話しできる機会を逃してしまった私。帰りの車の中でも「こうやって質問すれば良かった。」「これも聞いておけば良かったな。」なんて思ったりして。終わってますって。


十勝大地の恵みの野菜スープ

<材料>
タマネギ
キャベツ
インカの目覚め
トラ豆
青大豆

カブ
ゴボウ

赤豚(塩漬け)
ブイヨン

塩・胡椒

<準備>
赤豚のバラ肉を塩と砂糖・香辛料にて3日間漬け込み、
その後水洗いして、冷蔵庫で乾燥させる。
(別名:パンチェッタ)

豆類は一晩水につけてやわらかく戻す。

<作り方>

鍋にオリーブオイルを入れ、小さく切った蒸気の豚肉を炒め香りを出す。


①の鍋にタマネギ、キャベツ、カブ、ゴボウを炒め、甘みを出す。
ブイヨンを入れ、温まったら、インカの目覚めと2種類の豆を加え、
仕上げに塩・胡椒を入れ味を調える。






 帰りに有機栽培の黒豆を買ってしまいました。駅の中にナチュラルCOCOという自然食品屋さんが入っていたので。オイルコーティングしていないレーズンも発見。白樺通りにも店舗があったはずなのでそちらでも置いてあるかも知れません。

にほんブログ村 料理ブログへ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
gojigoji
性別:
女性
職業:
しゃべること
趣味:
食べる 作る 見る
自己紹介:
 キッチン雑貨や調理器具を見るのが楽しい30代。
 居心地良い暮らしを目指すべく、雑貨や家具をカスタマイズしたりも。


情報収集のパワーになります
↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン






カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター


現在の閲覧者数
ブログ内検索
最新CM
[06/22 niko(嫁)]
[06/21 ozen]
[06/16 mimura]
[05/23 ozen]
[05/21 yukitamanyan]
フリーエリア
バーコード
お天気情報
アクセス解析
診断くんのようなβブログパーツ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』