忍者ブログ
北海道十勝でお出かけ+車+カメラが大好な夫、にぎやかな7歳と3歳の男の子4人で暮らしています。
[181]  [178]  [176]  [175]  [174]  [173]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ダイソンのヘッドのツメが折れてしまった話は先日しました。ダイソン側でヘッドを送ってくるという話になって1週間。やっと昨日送られてきました。

 



壊れた部品を送ってくれという文書が入ってます

 1年前にヘッドのローラーがおかしくなって、やはりヘッドが送られてきましたがその時には返送の必要はありませんでした。日本での掃除機の使われ方を研究して改良しようというのでしょうか?

 私が買った2年前くらいには、吸引力はいいけれど壁側のゴミがとれないとか、音が大きいだとかの点が指摘されていました。それは生活様式が違う英国仕様なので仕方のないことでもあったわけです。でも、ダイソンは部品の無料交換や送料無料というメンテナンスにお金をかけ、なぜ壊れたのかを追求して、日本向けに(かどうかはわからないですが)よりよい物を作ることを重要視しているってことですよね。その姿勢が私は好きです。

 「修理するよりも買った方が安いですよ。」「部品がもうないので修理できません。」とはよく聞くセリフです。もったいないなあと思ったことが何度あるか・・・。それなら少し高くなっても、メンテナンスフリーだと心が痛みません。

 送られてきた新しいヘッドは改良も確実にされています。

上が新しいヘッドで下が古いヘッドです

 パッと見、どこがどう改良されているのかわからないと思いますが、まずローラーについているゴムの長さが長くなったことがあります。ゴムの部分が多くなった分、ゴミをより多く掻き込めるようになったのだと思います。また、ローラーの前後についている小さなローラーも大きくゴム仕様になっています。床でも転がりをよくしたのでしょうね。

 何はともあれ、ガムテープで止めた掃除機を使うこともなくなって気分がいい。今度はどこが壊れるのか。保証期間内だったらいつでもこい!!です。
 
自分の生活力も改良したい

ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
gojigoji
性別:
女性
職業:
しゃべること
趣味:
食べる 作る 見る
自己紹介:
 キッチン雑貨や調理器具を見るのが楽しい30代。
 居心地良い暮らしを目指すべく、雑貨や家具をカスタマイズしたりも。


情報収集のパワーになります
↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン






カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター


現在の閲覧者数
ブログ内検索
最新CM
[06/22 niko(嫁)]
[06/21 ozen]
[06/16 mimura]
[05/23 ozen]
[05/21 yukitamanyan]
フリーエリア
バーコード
お天気情報
アクセス解析
診断くんのようなβブログパーツ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』